• 各部門
  • 各部門

看護部

更新日: 2018年4月6日


看護部長 平成30年度スタートのご挨拶


 春らんまんの快適な季節を迎えています。今年は桜の開花も早く、今を盛りとばかりに咲きほこっているようです。当院では、新年度に新しいメンバーを迎え、あわただしいながらも新鮮でさわやかな風が流れています。
 昨年度より看護部長を任せられ、より地域に密着した切れ目のない医療・介護の提供を意識し、おこなって参りました。また、小矢部市の委託事業である病児・病後児保育事業も利用者数が多く、医療だけではなく子育てや就労支援においても地域に貢献することができていると実感しております。今後、高齢化が加速度的に進むこの地域において、急性期・回復期・慢性期の機能を持つ当院は地域の要望に応えられることを使命と考えています。
 今年の干支の戌年にちなんで、「ワン!ランクアップ!」の看護・介護を目指して、今後とも努力していきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。


平成30年4月
看護部長 佐伯久恵


看護部理念


患者さんの人権を尊重し、安全で信頼される看護・介護を提供します


看護部基本方針


1.専門職として自己研鑽に努めます
2.自己の役割を認識し、主体的に看護・介護を実践します
3.他部門と協働し、患者さんを中心とするチーム医療を推進します
4.地域医療連携、介護連携をはかり、地域社会の医療に貢献します


平成30年度看護部目標


1.安全で安心をもたらす看護・介護を実践するために専門的な能力の開発・維持・向上につとめる
 1)認知症看護の対応力とケアの質向上
 「見つめる」「触れる」「話しかける」「立つように支援する」
 2)高い倫理的感性による患者の人権と意思の尊重
2.「生活を支える」を重視した看護・介護を提供する
 1)在宅医療等切れ目のない医療の意識
 2)地域の医療施設に向けた研修会の実施
 3)地域包括ケアへの参画