• 医師募集
  • 看護師募集
  • その他職員募集

病児・病後児保育「おやべにこにこ園」

更新日: 2019年1月4日


 病児・病後児保育室 「おやべにこにこ園」は、病中・病後のお子様をお預かりする保育室です。お子様の個々の状態に合わせた食事・遊び・睡眠や安静をすることで回復ができるよう、病気の中でもお子様が安心して、笑顔で過ごせるようにお手伝いができたらと思っております。
病児・病後児保育室は、当院の小児科外来のすぐとなりにありますので、お子さんの急な病状の変化があった時には小児科医、看護師がすぐに対応できるのが強みです


対象となるお子様


生後6ヵ月~小学6年生で、医師の診断のもと麻疹(はしか)以外のすべての病気・感染症のお子様を対象としております。
10月から始まった病児・病後児保育室「おやべ にこにこ園」ですが、風邪のお子様から、インフルエンザ、流行性耳下炎(おたふく)、水ぼうそう、手足口病、ヘルパンギーナ、胃腸炎などのお子様もお預かりしております。


定員


2名
同じ病気・感染症の場合は3名までお預かりできます。

お部屋は2部屋あり基本的には1部屋に1人のお子様となります。(※病状的に同室が可能との判断で、他のお子様との同室をお願いする場合があります。)2部屋で病気が行き来しないよう配慮しています。
また、保育後もお部屋や玩具の消毒や清掃をしっかり行い、次に来られるお子様が安心して過ごせるように細心の注意を払っておりますので、安心してご利用ください。


保育時間


月曜日から金曜日まで(土・日・祝日、12/29~1/3年末年始をのぞく)
1日 8:30~16:30
半日 8:30~16:30の間であれば、必要な時間ご利用できます。


病児・病後児保育室「おやべにこにこ園」

病児・病後児保育室「おやべにこにこ園」

お部屋の様子

お部屋の様子


利用料金


■利用料      1,000円
■昼食(必要な方)  400円(午後のおやつ付き。9ヶ月から。)
 ※ご利用時間にかかわらず同じ料金です。
 ※昼食が必要な方は、保育室ご利用の当日朝9:20までにお申し出ください。
 ※昼食のアレルギー対応はしておりません。
 ※昼食のご飯の硬さ(ご飯・軟飯・おかゆ)を選ぶことができます。
 ※利用料にとやまっ子子育て応援券が利用できます。


利用申込方法


■ お電話にて、お問い合わせ頂きご予約してください。

 

□ ご予約・お問い合わせ専用番号 070-5061-1594

□ 受付時間 8:15~17:15(土日祝日、12/29~1/3の年末年始をのぞく)

 

お子様の体調が良くなり、保育所や小学校に行けるようになった場合など、ご利用をキャンセルされる時はできるだけ早く、お電話をください。(ご利用予定当日の朝 8:30まで)ご予約をお電話でされた方や、ご利用されたことのある方は着信を残して頂けるだけでもキャンセルは可能です。

 

■ かかりつけ医を受診して『診療情報提供書』を記入してもらいます。

『申込書』と『病児・病後児保育事業利用登録・申請書』はご利用の当日にご記入くださっても大丈夫です。

※ 記入に際して、判子が必要です。また母子手帳があると安心です。

 

病児・病後児保育の書類は、下記よりダウンロードできる他、おやべにこにこ園の正面横に設置のボックス、当院小児科にもございますので、お気軽にお声がけ下さい。

 

■主な持ち物

□ お薬手帳または【内服中のお薬が分かるもの】

※ 他院受診の方は必ずお持ち下さい。

□ 診療情報提供書

□ 病児・病後児保育事業利用登録・申請書

(ご利用当日にご記入いただけます)

□ お子様の健康保険証と福祉の用紙

(当院受診の場合は必要ありません。急に病状が悪くなった時、必要な処置等保険診療を行う場合があります。)

□ 食事用エプロン

□ お預かり中に内服するお薬

□ バスタオル1枚~2枚

(年中児以上は必要ありません)

□ 着替え1~3組

(嘔吐や下痢、お熱が高い場合は多めにお持ちください)

□ 必要に応じて、ミルク・哺乳瓶・紙オムツ・おしり拭き・食事用エプロン・ストローマグなどをお持ちください。

□ その他として、お気に入りのおもちゃ、絵本、おやつ、マグカップなどお子様が安心するようなものがあればお持ちください。


にこにこ通信






様式のダウンロード



ご予約・お問い合わせ専用番号

■専用電話番号 070-5061-1594
■Email: shomu@h-c-h.jp
      (メールでのご連絡は、受理時間によっては即答できない場合があります。予めご了承ください。)
■受付時間 8:20~17:15(土日祝日、12/29~1/3の年末年始をのぞく)