• 診療科
  • 診療科
  • 医師募集
  • 看護師募集
  • その他職員募集

研究業績(外科)

更新日: 2021年7月7日


清水医師の1年間の業績(令和2年=2020年)


1) Junzo Shimizu, Makio Moriya, Tadashi Kamesui, Yoshihiko Arano, Susumu Miyamoto, Toshiro Nagayoshi, Akitaka Nonomura, Yoshihiko Arano
A case of thyroid carcinoma with cervical and mediastinal lymph node metastases that required mediastinal lymph node dissection via median sternotomy
(国際誌) Chirurgia, 33: 273-277, 2020.

2) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、岡本純平、永吉俊朗
COPD患者の気胸に対する胸腔ドレナージで医原性肺損傷を併発した1例
北陸外科学会雑誌,39: 1-4, 2020.

3) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、永吉俊朗、野々村昭孝、品川俊治
   Resectabilityの判断に苦慮しながら左肺全摘術が施行できた巨大肺扁平上皮癌の1例
北陸外科学会雑誌,39: 5-9, 2020.

4) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、神原健太、島田賢一
慢性膿胸に対する膿胸腔内充填物の選択についての研究~特に有茎大網弁が使用できない場合の有茎広背筋皮弁の有用例~
医報とやま, 1735号: 6-8頁, 2020年1月.

5) 清水淳三
新型コロナウイルス感染症と高齢者について
   メルヘンいきいきクラブ長寿連だより第73号, 2020年9月8日.

6) 清水淳三
新型コロナウイルス感染症の第1波、第2波を経験して
富山県小学校教育研究会会報, 第405号, 2020年12月.

7) 町田雄一郎、清水淳三、他
右B1+3転位気管支を伴う右上葉転移性肺腫瘍に対し右上葉切除術を施行した1例
                       胸部外科, 73: 389-391, 2020.


本年進行中の分(令和3年=2021年)


1) Junzo Shimizu, Makio Moriya, Tadashi Kamesui, Toshiro Nagayoshi, Akitaka Nonomura、
Yoshihiko Arano, Shunji Shinagawa
Successful left pneumonectomy in a case of giant-sized squamous cell carcinoma of the lung after having difficulty in determining resectability
(国際誌) Chirurgia, 34: 88-92, 2021.

2) Junzo Shimizu, Makio Moriya, Tadashi Kamesui, Jumpei Okamoto, Toshiro Nagayoshi, Yuichiro Machida, Takashi Kobata, Koichiro Kobayashi
Successful removal of malpositioned chest tube within the lung in a patient with chronic obstructive lung disease
(国際誌) Chirurgia, 34: 126-30, 2021.

3) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、岡本純平、宮元 進、永吉俊朗、野々村昭孝
頸部・縦隔リンパ節転移を有する甲状腺癌に対する縦隔郭清法についての研究~特に胸骨正中切開による縦隔リンパ節郭清の有効性について~
医報とやま, 1763号: 6-8頁, 2021年3月.

4) 清水淳三
富山県腎友会50周年記念に寄せて
富山県腎友会50周年記念誌, 99頁, 2021年3月.

5) 清水淳三
直営病院だより 北陸中央病院:肺癌の早期発見にはCT検診がお勧めです
                        健康情報誌「元気」7月号,15頁,2021年7月.

6) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、岡本純平、二上 昭、永吉俊朗、野々村昭孝、町田雄一郎、
岸川さつき
下部気管の珍しい良性腫瘍に対し気管切除・再建術を施行した1例
北陸外科学会雑誌,40: 00-00, 2021.(投稿中)

7) 清水淳三、守屋真紀雄、亀水 忠、岡本純平、永吉俊朗、野々村昭孝
右肺中下葉に広範な浸潤影を呈した肺原発MALTリンパ腫の1例
北陸外科学会雑誌,40: 00-00, 2021.(投稿中)

8) 町田雄一郎、清水淳三、他
ダビガトランによる肺胞出血に対してイダルシズマブを使用し呼吸不全が改善した1例
新薬と臨床, 70: 382-387, 2021.

(令和3年7月7日現在)



PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderGet Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ